• ホーム
  • カンジダ菌を排除?カンジダダイエットの効果

カンジダ菌を排除?カンジダダイエットの効果

2020年04月11日

カンジダ菌は腸管粘膜にも常在菌のひとつとして生息しています。腸管は空腸からはじまり、直腸に至るまで非常に長い臓器で、栄養や水分を吸収し無用なものを排泄すると言う生命維持に不可欠な機能をになっているのです。胃や肝臓・すい臓などで分泌された消化酵素で分解代謝されて、人体に利用可能な栄養素も腸管が十分に機能してこそ、初めて可能になります。生命維持に必要な栄養素や水分を十分吸収するためには、腸管の機能が発揮させることが必須といえます。そして腸管が十分機能することを可能にしているのは、いわゆる腸内フローラです。腸内には善玉細菌と悪玉細菌、そして両者の中間の性質をもつ微生物が存在し、微妙なバランスを維持することで腸の活動を調整しています。善玉細菌が優勢であれば腸管の蠕動運動が盛んであるので、消化吸収もスムーズに進むことになります。
反対に悪玉細菌の活性が高まれば腸管の活動は停滞気味になり、便通が悪くガスなどが発生する一方で、消化吸収も満足に立ち行かなくなる訳です。カンジダ菌は中間の日和見菌に属しますが、増殖が盛んになるとやはり腸内フローラに影響を及ぼし、効率的な消化吸収が妨げられることになります。そこでカンジダ菌を排除して、新陳代謝を活性にしてダイエットに役立てようと言うのが、カンジダダイエットです。カンジダ菌は精製されて糖分を栄養にする傾向が強いので、低糖食が基本になります。精米された白米は炭水化物が豊富で体内で糖分に代謝されるので、ライ麦やタイ米を主食の代替にすることが推奨されています。ライ麦やタイ米などは白米に比べると、炭水化物の吸収が穏やかなので低糖食を実践するには理想的な食材のひとつです。また、糖分が多くなり血糖値が高いと糖尿病に発展し、全身の毛細血管がダメージを受け、継続的に炎症をきたすだけでなく、カンジダの繁殖のための材料になるのです。そこでポイントになるのは、糖分を極力少なくした低糖食と抗炎症食を組み合わせることにあります。抗炎症食の代表は赤身の肉で、血液中のたんぱく質濃度をあげる働きが盛んです。赤身の肉などと低糖食の組み合わせで、カンジダを排除するので、毒素を排除するデトックス効果が見込めます。ただし急速にカンジダを排除し毒素を排除するデトックス作用が急速では、ダイオフ症状に遭遇する可能性があります。ダイオフ症状とは一種の離脱症状で、一時的に体調が悪くなります。ダイオフ症状を克服することがカンジダダイエットの要になるので、治まるまで継続するのが成功のポイントです。

関連記事
原因特定が難しいカンジダ性爪炎

カンジダは全身の皮膚に分布している真菌の一種です。いわば水虫の近縁種に該当するので、水虫やタムシのように皮膚に痒みやびらんなどの症状が出現し病原性を発揮することは十分ありえる話です。カンジダが原因の皮膚トラブルに、カンジダ性爪炎や爪囲炎(そういえん)などを指摘することができます。カンジダ性爪炎・爪囲...

2020年03月06日
イボがカリフラワー状になるコンジローマ治療にはイミキアドクリーム

コンジローマは、性器にできるイボのようなものです。イボは、カリフラワー状に広がり中には性器だけではなく肛門のあたりにまでイボが広がることもあります。このイボは、放置しても害はないとはいわれていますが見た目には良くありませんので気付いた段階で除去しておいた方が良いでしょう。どうしてコンジローマになるか...

2020年01月29日
陰部に激しい痛みを伴うトリコモナスにはフラジール

トリコモナスも性感染症の一つです。トリコミナスは、主に腟トリコモナスと呼ばれる原虫が原因となり発症します。性行為をすることで感染する病気の一つです。厄介なのは、この病気では男女共に自覚症状が出ないことがある点です。自覚症状が乏しいために、いつ感染したか分からない事も多く注意しなければなりません。症状...

2019年12月24日
下半身に違和感!性病かもしれない症状

もしも、下半身に何らかの違和感を感じる場合には性感染症にかかっているかもしれません。性感染症とは、セックスやフェラなどに代表される性行為を行うことによってかかる感染症のことです。別名で性病とも呼びます。性感染症の場合、自分が苦しむだけではなく他人に移すリスクがあります。特に『潜伏期間が長い性病』の場...

2019年08月05日
通販なら誰にもバレずにジスロマックを購入できる

ジスロマックは、抗生物質の一つです。性病だけではなく色々な感染症に対して効き目があることから抗生物質の中ではメジャーな存在であるため、医師から処方されることもありますが、病院通いが誰かにばれてしまう懸念が全くないというわけではありません。そこで、通販を使用することによって誰にも気付かれない状態のまま...

2019年09月24日
近年増加傾向にある外陰部にしこりが出来る梅毒

梅毒は、近年増加傾向にあるため気を付ける必要がある病気の一つです。昔は、かかってしまうと治すことが出来ない病気の一つに挙げられましたが現在は早期でしっかり治療をすれば治すことは可能です。その原因となるのはトレポネーマと呼ばれるバクテリアによって発症します。そもそもどうして梅毒という病名で呼ばれるかに...

2019年11月27日
陰毛に激しいかゆみを伴うケジラミにはスミスリンパウダー

ケジラミは、シラミの一種であり人間に寄生する虫です。通常は陰部の陰毛の部分のみに滞在しています。世界中に共通して存在しており、まれに眉毛などの部位にもいることがあります。非常に動きが鈍いことからなかなか虫や幼虫は移動しません。そして、寄生されるとひどくかゆみを訴えます。寄生した部分で基本的には一生を...

2019年11月01日
性病にかかったかも!?潜伏期間はどれくらい?

もしも喉の痛みや違和感・下半身に膿が出る・熱を出す・性器などにできものが出てくるなどの症状がでてそれがセックスなどを行い性器が接触したことなどで起こる性病にかかったと判断されるような場合には、早めの治療を必要とします。ただ、覚えておくべきことはこうした症状が出る前に性病では潜伏期間があります。主な性...

2019年10月14日
不妊になりやすい排尿痛を伴う淋病やクラミジアにはジスロマック

淋病やクラミジアも、性感染症の中ではポピュラーな存在です。まず淋病の症状は、感染してから一定の潜伏期間を経て発症するのが特徴です。男性の場合では尿道炎が引き起こされ、尿道から膿のようなものが大量に出ることが特徴的です。淋病を引き起こす淋菌をこのまま放置しておくと、淋菌が尿道を通り精巣上体まで広がって...

2019年09月07日
ヨーグルト状のおりものが出るカンジダ等の感染症治療にはフォルカン

カンジダは、真菌の一種です。この真菌は、口腔・消化管・腟などに常に生息しているものであり特に珍しい存在でもなく人体に害を及ぼさないものでもあります。しかし、一定の条件を満たすことによって繁殖しだして害を与えることもありますので注意しなければなりません。例えば、高温多湿の条件下である場合・合成繊維でで...

2019年08月18日